大船渡市観光物産協会 大船渡市観光物産協会
早採り生ワカメ

「太平洋銀行」とも呼ばれる豊饒の海

世界三大漁場といわれるこの三陸沖の海は「奇跡の海」や「太平洋銀行」と呼ばれるほど豊かな海として知られています。

そこでとれる魚介類を賞味するには旬を逃さず食べるのが一番。

掲載されている「旬のカレンダー」を目安に、桜の花を待ち望む心で美味しい三陸の魚介類を食して頂ければ幸いです。

春
太平洋銀行

春先の1番のお勧めは「早採りの生ワカメ」です。しゃぶしゃぶにして食べると春の海の香りが口の中いっぱいに広がります。

2月から3月にかけて、浜ではワカメをボイルして塩蔵する風景があちこちに見られます。

岩手県のワカメ生産は質・量ともに日本一ですが、ワカメ養殖や塩蔵技術は大船渡が発祥の地とされ、塩蔵ワカメは一年中食べることができます。

カレンダー春
夏
ウニ漁の様子

初夏の声を聞くと風味を増してくるのが「海鞘(ホヤ)」です。ホヤは鮮度が落ちると匂いがきつくなるので内陸の人の中には苦手意識を持つ人もいますが、新鮮でおいしいホヤの味を知るとやみつきになってしまいます。

この時期各入り江では「ウニ」が開口します。事前に注文しておくと、その日に獲れたウニを剥いて直送してくれます。

また、夏場の「スルメイカ」は甘みがありお勧めです。

カレンダー夏
秋
秋刀魚(サンマ)

秋は何といっても「秋刀魚(サンマ)」。大船渡のサンマは鮮度管理が良く、遠く九州や沖縄にも宅配され喜ばれています。サンマとともにお奨めなのが「戻り鰹(カツオ)」。春先に北に向かい、脂を体いっぱいにつけて南下してくるカツオの味は三陸ならではの逸品です。

サンマに一足遅れて市場に姿を現すのが岩手県の県魚「鮭(サケ)」です。岩手は本州一の漁獲を誇り、「イクラ」づくりも冬にかけて最盛期になります。

カレンダー秋
冬
アワビ漁の様子

秋から冬にかけて、美味しい魚介類がたくさん出回る時期ですが、なんといってもお奨めは「鮑(アワビ)」。江戸の昔から三陸の「乾鮑(かんぽう)」は長崎貿易の主役でした。11月から12月にかけて入り江毎に開口し、市内にもたくさん出回ります。事前に注文しておけば、新鮮なアワビが手に入ります。

また、この時期に是非食べていただきたいのが「牡蠣(カキ)」。築地でも最高値で取引される大船渡産の牡蠣は日本一の折り紙付きです。

カレンダー冬